力まないスイングは重要です

力み=ミスショットではありません。 加減と場所にもよりますが、 力を入れておかなければならない場所があります。 力を入れなければ、振り切ることはできませんし、 飛距離が出ません。 クラブを振り切るだけの力が必要になってきます。 ただし肩に力を入れてはいけません。 力を入れる場所は、左手の中指、薬指、小指です。 3本の指に力をしっかり入れていただいて、 右手を…

続きを読む

ゴルフスイング女子と男子の違い

ゴルフスイングで振り上げる動作から 振り下ろす動作の切り返しは ショットの良し悪しを決める重要な部分になります。 例えば、 距離のあるコースで、 どうしてもティーショットで 飛距離を出したい!と思うと トップからダウンスイングの切り返し部分で 慌ててしまいバランスの悪いスイングに なることがあります。 基本的に ダウンスイングは 下半身から動き始めます。 …

続きを読む

おすすめレトルトカレー

【冷えたレトルトカレーを食べてみよう】→おかげさまでブログもレトルトカレー評価サイトとして日本最大の評価数となりました。

続きを読む

ドライバーの構え方

通常のドライバーで、正しいアドレスは、 少し左肩が上がって、少し右肩が下がります。 顔のラインは、まっすぐになります。 左腕からシャフトにかけて、一直線になります。 注意する点は、顔のラインが右サイドに傾かないことです。 顔のラインが右サイドに傾いてしまうと、 バックスイングからダウンスイングにかけて、 インサイドに入ってしまいます。 顔のラインがまっすぐに構えられて…

続きを読む

スイングの力みをなくすためには

スイングに力みは禁物です。 そこで力みをなくす練習方法を考えていきたいと思います。 レッスンをしていると、どうしてもボールを 飛ばしたい、ピンに寄せたいと思うあまり、 インパクトで力が入ってしまう方を多く見ます。 また素振りをしているときは、きれいなスイングをしているのに、 ボールを打とうとすると、力みが入ってしまう方に、 有効な練習方法です。 ボールを打って…

続きを読む

フェアウエイウッドの基本

ティショットの際、3番ウッドで方向性をいかに安定させるかを 紹介したいと思います。 どのような練習方法がおすすめか、 どのような考え方が良いのかを説明させていただきます。 3番ウッドやフェアウェイウッドをティーショットで使う際は、 飛距離を出す必要がないことを頭に入れておいて下さい。 ティーショットでドライバーを使わないと決断したら、 飛ばそうという気持ちを捨てて下さい…

続きを読む

スイング中の動き

スイング中の股関節の動き、 また下半身が不安定なゴルファーへのレッスンです。 股関節の動きを安定させて、下半身の動きも安定させる ドリルを紹介していきます。 足を大きく開いて下さい。 肩幅の2倍程度開いて下さい。 ひざをぐっと下げて下さい。 自分の重心を下げてアドレスを作って下さい。 グリップは、極端に短く持って下さい。 アドレスを作ったら、バックスイングしてい…

続きを読む

プレッシャーに勝つ

プレッシャーに打ち勝つためには、 呼吸法をマスターすると良いです。 呼吸のメリットは、5つあります。 ・鼻腔を通しての呼気は鼻腔内の神経末端を刺激し、 神経系を落ち着かせる効果を持つ。 ・鼻腔からの呼気は、気管支を拡張させたり、収縮させる効果を持つ。 ・副交感神経と関係のあるアセチルコリンを分泌させる。 ・横隔膜や肺の規則的な動きは、腹部内の迷走神経を静かに刺激し、 それ…

続きを読む

つま先下がり攻略法

つま先下がりの傾斜では つま先上がりとは逆に、ボールは右に飛んでいきます。 ボールは、平坦なライよりも下に位置することになるので、 フェイス面をスクエアにしているつもりでも、 フェイス面は、オープンになりやすくなります。 自分が予想しているより右を向いていることが多いので、 つま先下がりの傾斜では、右にボールを飛ぶことを計算して、 ターゲットの左側を狙っていくのが基本です。…

続きを読む

つま先上り攻略

つま先上がりで覚えて頂きたいことは 平な傾斜よりも、ボールが高い位置にある為、 フェースのローテーションが入りやすく 「フック(左回転)しやすい」と言うことです。 また、 スイング中に前傾角度が変わってしまい ミスショットが出るパターンが多いです。 ボールから頭までの距離を意識し前傾角をキープすることが重要です。 また、膝の角度、腰の高さを変えないように意識します…

続きを読む

最近の記事